VAINのぶろぐ

ARTICLE PAGE

WTR1結果など

Round1の結果が出ましたね、こちらにWT公式サイトへのリンク


JEBからは6/8人が勝ち抜けたということで、僕も無事Round1突破いたしました!
ただ三位抜けというのがひじょ~~~~~~~~~~~によろしくなかった。


Sirapob v. HaNa
Padrace v. yuera
i.suk v. Ivabra
Gollumsk8 v. LaYe
Dakrowl v. Enigma
Van v. Watto
Zkhan v. Leon
Eriror v. Kagami
Xound v. Zuo
MKSFT v. Walkaz
Knifores v. Pixels
VAIN v. Menowa*
DioBrando v. Rotation87
vice v. Fizz
x1213 v. beige
Ease v. Daimo


そうです、Round2にしてJEB vs. JEBの図が。。。
VAIN vs. Menowa*は同時にチームDG対決ともなります。
個人的に言えばJEBTでも戦ったことがあるのでなんとなく感触は覚えがありますね。
いや~心苦しいと同時に順当に行けばRound3までは行けるんじゃないかとか考えてた浅ましさを呪います。
ただオーダーは大体考えてあったのでMenowa*さんに合わせてどうこうとはしないつもりでいます。(したほうがいいのかなあ?)
精一杯頑張ります。
(浪人として4月からは塾も始まりますしよかったのかもしれないです。(よくないです。))

結果が出たと同時に具体的な点数、評価までしていただけているのでそこにも少し触れます。
ザッと読んだところですが、〆がネオバフォだったことがウケてるみたいで、自分でも綺麗にハマったな~と思っていたので嬉しいところです。
(アドバイスをいただいての変更だったのでそこの複雑さも同時に感じています。)
あとはやはり安定感、完成度?的な評価が大きいようです。
難易度や独創性の項目は低いアベレージでした。
難しいところですよね~オーダーはやっぱり無意識に見栄えを重視しているのかな、と思い始めました。
難易度の高い技を連続でやるのはどうしても失敗が増えてなんか胸がムカムカしてくるんですよね。
過去を振り返ってみてもFSが全然〆まで成功しないってことは少なくて、何個も撮ってその中で文句なく綺麗に技が出来るまで撮り続けるというやり方でやってきていました。
難易度と完成度を上手いことバランスをとってやっていくのがいいかなと思います。



もう一点というか宣伝というか
Round2の動画を撮らなきゃいけないのに急にやりたくなってRound1のEaseさんのFSをコピーしてしまいました。




いや公開された時から注目の的になっていましたが、オーダーを解析して自分の手でなぞってみるとそれはもう大変でした。
まずどくぐりとか抜きにしていいオーダーだなと思いましたし、あれほどの見栄えそして滑らかさを保ち、あと一番驚いたのはあの速さで回せている点です。
非常にタメになりました。
オーダーの組み方で、どくぐりで活きる構成、というものを感じました。
ちょっと具体的に言えないんですが、ただ技をやるのが難しいペンでやっているわけではないというのを強く感じました。
どくぐりのコントロールはとても難しくて正直長時間の撮影は辛かったですが非常に良い体験となりました。
加えてたくさんの評価をいただけて嬉しい限りです、良い刺激となりました。


長くダレた文章となってしまいましたがこのくらいです。
更新していくと言っておいて意外と日が空いてしまいました、楽しいので更新頑張ります。
Round2の動画撮影も頑張ります。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment