VAINのぶろぐ

ARTICLE PAGE

【PSM2017】カーニングについて

この記事はPen Spinning Memorandum 2017 用の記事です。

-

二度目の投稿となります、VAINです。

皆さんカーニングという言葉に聞き覚えはあるでしょうか?
もしかしたらスピナーさんが言及しているところを目にしたことがあるかもしれませんが、恐らくほとんどの方が初めて見る言葉なのではないでしょうか。

・カーニングとは?
...カーニング(英語: kerning)とは、主に欧文の組版において、プロポーショナルフォントの文字同士の間隔(アキ)を調整する技法のこと。カーニングを行わない場合は文字の間に不自然な空白を招いてしまう一方、適切にカーニングが施されたフォントでは字面間の空白の面積はほぼ均等になる。

 
-Wikipediaより引用(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0

要約すると、英字の文字同士の間隔を調整する技法のことです。
(実際には日本語の文字でもカーニングの必要がある場合があるようです。)


これがどうペン回しに関係してくるかというと、主にCVにおける名前出しの場面で大いに関わってくるのです。
ペンスピナーの方のハンドルネームは英語というかローマ字のものが大多数を占めますよね。
そこで文字同士の間隔に注目してCVを見てみると、不自然な隙間が出来てしまっていることが意外とたくさんあるんです。
(批判しているわけではないですm(__)m)
もしかしたら、言われるまで気づかないという方も多いかもしれませんが、一度意識し始めるともう気になって仕方ありません。
ここに少し気を配るだけで、洗練されたデザインに仕上げることが出来るかもしれません。
もし何らかの形で編集に携わる機会のある方は見直してみるようにしてみてはいかがでしょうか。

追記:
わかりづらいと思ったので画像を追加します。
一枚目がカーニングをしていないもの、
二枚目がカーニングをしたものです。
こう見てみると違いがわかるのではないでしょうか。

not kerned
(僕の作ったpromoより)

kerned.png
(僕の作ったお蔵入り動画集より)

追記ここまで。


なぜ不自然な隙間が出来てしまうのかというと、文字一つに対して与えられたスペースを均等にしようとすると文字によっては余白が大きくなってしまうものや反対に小さくなってしまうものがあり、それらが組み合わさることによって見た目としてスペースが広くなってしまうことがあるというわけです。



さてなぜ僕が今回このような記事を書いたのかというと、実は僕の名前である VAIN という文字列、カーニング的にかなりヒドい名前なのです。
上記のようにカーニングが必要となる文字や並びにはある程度条件があって、例えばA,K,Vのような傾斜のある文字や、V,A,Wの組み合わせには余計な隙間が生じやすいらしいのです。



・実際どう対処すればよいのか?

...編集ソフトにもよりますが、個別に?カーニングを設定する項目があるようです。
ですが僕の主に使っているaviutlではその設定が出来ないようなので、僕は別オブジェクトとして詰めたい文字を用意して、字間を詰める→グループ制御でまとめて移動させる としています。
(もしかしたら僕が知らないだけで出来るのかもしれません、出来るのであれば教えてください、お願いします。)
画像なら文字を別に用意して詰めるだけでよいですが、動画の場合そのスペースを保ったまま動かす必要がある場合が多いのでグループ制御を使っています。
少し手間は増えますが僕の場合自分の名前が出る度にやっているのでもう慣れました......


ではこのカーニングとはどのような定義というか基準でスペースを詰めていけばいいのかというと、つまるところ自分が見てこれくらいのスペースならバランスが良いなという判断基準に依るようなのです。
自分が良いと思うだけ詰める、というわけですね。
なんとアバウトな、と思いますがデザイン的な話しですのでたしかに見て感じるところが究極となるのも納得出来ますね。
なので実際はカーニングをしていても見る側がこれカーニングされてないヨ~ってなる場合もあるのかもしれませんね。

一応の目安としては、文字同士の幅の広い順に、[直線][直線]、[直線][曲線]、[曲線][曲線]の組み合わせを意識すると良いようです。
(直線=l,iなど、曲線=o,eなど...つまり[直線][直線]=li など)
直線同士が並ぶとなんとなく詰めたくなってしまうかもしれませんが、実は一番スペースを空けるべき組み合わせなようです。



・まとめ

・文字の並びによって字間に不自然なスペースが出来てしまうことがあります。
・そのままでもよいのですが、少し気を配るだけでデザインとしてグッとしまる?ので"カーニング"をして字間を詰めてみてはどうでしょうか。
・カーニングは自分が見て丁度よいと感じるまで詰めるだけでOK~




僕自身カーニングについて詳しいわけではないので少し間違っている部分があるかもしれませんが、伝えたいことは概ね合っていると思いますのでご容赦ください。
ちょっと調べてみるともっと細かく色々あるみたいなので興味が出た方は是非調べてみてくださいね。
(どうか僕の名前の隙間を詰めてあげてください。)

-
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment